W杯にあわせて退職したのにこんなはずではなかった

開幕以来多くの試合を視聴している。

夜12時キックオフまでの試合はほとんど全て生で見ている。こうなったらロシアに優勝してほしい。ロシア人すごい走るし。大会後に組織ぐるみのドーピング発覚で史上初めてタイトル剥奪とかだとカタルシス。

 

3時キックオフは録画して翌朝見ている。

だいたい1時か2時に寝て、8時か9時に起きている。睡眠時間が6時間か7時間なので、普段よりも寝不足だ。

結果、翌朝録画放送を見ている途中で睡魔と戦うことになる。だいたい負ける。途中で一時停止して1時間ほど仮眠してから、再度見ることになる。見終わった後にまた寝てしまう日もある。そんな日は体が一日中だるい。

楽しくもなんともない。じっさい、ここまで多くの試合を見てきて、心底飽きてきた。もう良いかなって感じだ。

 

これからが佳境なのだろうが、こちらはもう疲弊してしまった。この前のクロアチア対デンマークなど、心の底からどうでもよくなった。録画で見はじめて、録画時間が3時間となっていた時点でPKなのかなと推測できて感興を削がれた。

 

日本も負けたしスペインも負けた。ドイツもいない。アルゼンチンはどうでもいい。

スイス対スウェーデンなど見る気がおきない。イングランドとコロンビアもあまり興味がわかない。しかし、時間的にスイス対スウェーデンは生でみるだろう。イングランド戦はおそらくティーバーかNHKでハイライトを見るだけだろう。

 

準々決勝も3時キックオフは見ないかもしれない。とにかく疲れた。視聴がこんなに疲れるとは。W杯にあわせて退職したのに、こんなはずではなかった。

 

W杯が終わったら本格的に働かなくてはならない。どこかに仕事が落ちている気がして安穏としているが、実際はどうなるかわからない。

とりあえず親や義理の親にフリーランスになったと告げた。親からは「またやめたのかよ、ガキが」というようなことを言われた。義理の親は、私がジョブホッパーであることは知っていたろうが実際に退職を目の当たりにしてどのようにリアクションをとって良いかわからないといった感じだった。

 

いずれにしてもただの職業だ。なにをそんなに深刻に考えているのだろう。職業を無化したい。掛け値無しに。