フリーランスなんだしMacBook Air買おうぜ

f:id:renox:20180528135415j:plain

仕事をやめてフリーランスになったので、当然のようにMacBookAirを購入した。

たとえば、カッフェなどでカバンからノートパソコンを取り出すと仮定し、それが国産のノートパソコンでいいわけがない。

リーマンならばパナソニックのレッツノートでもいいだろう。でもフリーランスならばアップルであるべきだ。見た目から入らなければならない。実績も実力もないのだ。上辺だけでも取繕わなければやっていられない。

MacBookAirは安い。13インチが楽天で10万円以下だった。ほかにDELLやHPなども候補に入れたが、だいたい同スペックの場合10万円以上はする。国内企業のものだと15万円はする。業績不振に陥っている内資系企業はだからダメなんだ。だれもそんなものは買わない。見た目重視のフリーランスはより買わない。

ということでいまは自宅のリビングでMacBookAirを使っていろいろな作業をしている。だいたいアマゾンプライムで動画を見ている。YouTubeも見るし、スポナビも見ている。ネットサーフィンもお手の物だ。

それだけではいけないので仕事もしている。Office系ソフトをどうしようか迷い、OPEN OFFICEで乗り切ろうかとおもったがダメだった。コメント機能などでどうしても先方から送られてきたファイルと齟齬が起きる。無料のオンライン版も試したが、使い勝手が悪かった。

ワードもエクセルもやはり先方と合わせる必要がありそうなので、ストレスを感じるのも嫌なので有料版OfficeをDLした。

自宅のWindowsとmacの両方で使いたかったので、永続的に使えるものではなく、1年更新のOffice 365 Soloを購入した。1万2千円。これならばWindows、macの2台で利用可能だ。

今日も午前中Macを駆使してリビングで働きつつ、Windowsに移って同ファイルに文字化けなどが起こっていないか確認した。すべて首尾よくいった。

次のフェーズとしてはやはりカッフェにMacを持ち込んで仕事をしつつネットサーフィンに興じるべきだろう。

リーマンがレッツノート広げてOutlookで客先にメールを書いている横で私はMacBook Airで優雅にネットサーフィン。

無価値で無生産な行為ながらストレスはゼロだ。

場所はどこがいいだろうか。いきなりスタバに行くのは難易度が高すぎる。幸いにして自宅最寄り駅周辺には、サイゼリア、ジョナサン、バーミヤンなどのファミレスが点在している。そこから攻めるか。次にはドトールやコメダなどもいいだろう。さらに個人店もたくさんある。下町なのだ。経験を積んだ後に、スタバに乗り込もう。