フリーランスになったら料理したくなる現象

午前中

朝は7時に起きた。どうも朝一のほうが集中力があるようで、起きて30分ぐらいしてからすぐに机に向かって仕事をした。

9時ぐらいまで仕事をしてから、朝ご飯に堅くなったバゲットとクノールのスープを食べた。バナナも1本食べた。

豆をミルでひいて、サーバーいっぱいにコーヒーを淹れて飲んだ。

ずっと家にいるので、日に何杯もコーヒーを飲む。おかげで胃が痛くなるし、コーヒー豆の消費ペースが早い。

10時半ぐらいから12時まで集中して仕事をした。

12時過ぎにそうめんを食べた。冷たいそうめんにミニトマトと昨夜作った鶏もも肉の照り焼きを載せ、小ネギも振りかけた。

はっきり言って旨かった。

 

f:id:renox:20180521211011j:plain

午後

食後になんとなく気が乗らないので、近くのみらべるに買い出しに行った。

豚バラ、醤油、料理酒、長ネギ、そば、そうめん、ほっけ等を購入した。

帰宅後にまた机に向かい、3時半ぐらいまで働いた。

その後、下記のサイトを参考にしてチャーシューを作った。

醤油の量が半端ではない。1リットル使った。

「つけ麺の元祖」大勝軒に自家製チャーシューのつくり方を教わってきた【料理人のまかないメシ】 - メシ通 | ホットペッパーグルメ

 

f:id:renox:20180521210947j:plain

夕方

働きつつ、チャーシューをひっくり返したり、冷ましたりしながら過ごした。

午後4時過ぎになり外も幾分涼しくなったように思ったので、ランニングに出た。

近くの大きな公園まで10分かけて走り、園内を1周走って帰ってきた。40分程度のランニング。暑すぎず快適な気候だった。平日の夕方にランニングするのが夢だったので、叶って良かった。爽快だった。

帰宅して風呂をためて、5時半過ぎにそうそうに風呂に入った。

18時過ぎにマリオカートをプレイして、夕飯を作り食べた後にまた仕事をした。勤勉だ。

チャーシューに小ネギを載せてチャーシューをつくったときのタレ(醤油タレ)をかけて食べたら旨すぎて馬鹿食いしたせいで腹を壊した。

チャーシューの醤油タレはいろいろな用途に使えるらしい。炒飯やら野菜炒めやら冷や奴やらに。

明日からも料理を楽しめそうだ。

ではまた明日。