最後のサラリーマンの最後の12日間

f:id:renox:20180421102051j:plain

昨日私の退職が公表された。おおむね皆ノーリアクションだった。

 

有休消化は5日しか許されなかった。

ほかに6日程度残数があるが、業務に支障が出ると言うことで使用せずに退職ということになりそうだ。

抗弁する気は起きなかった。「全部消化させてくださいよ」と言っても良かったのだろうが、こういった些細なことで社長と揉める気は無い。たぶん主張したら修復不能な関係になる。経験的に知っている。

といいつつ、すべて使い切れないことにいらいらしてきた。

もし休んだら、許された5日間の有休消化中に出勤するようにといわれた。訳がわからないが、考えないことにする。いらいらするから。

 

そんなこんなであと12日間出勤する。期間中に1回取材に行かなくてはならない。面倒だ。

あとは貸与されていたノートパソコンのデータを削除しなくてはならない。自分用に使っていたので、閲覧履歴やファイル履歴など、後任の人に見られたら恥ずかしい。あとはスマホも返す。その他取材道具一式。

会社のデータを外に持ち出してはいけないと思う。しかし企画書や連絡先、その他制作物などは今後必要になるかもしれない。しかし持ち出してはいけない。いけない。いけない。いける!

ノートパソコンを買いたい。安いもので良いので、軽いものを買いたい。ASUSなど。

最後の日に花束を渡されたらどうしよう。電車で帰るのが恥ずかしい。ゴミ箱に捨てたい。もらえなかったらどうしよう。