なぜレーシック手術を諦めたのか。

こんにちは。

表題の通り、私はレーシック手術を受けません。

理由についてはあなたたちのようなうんこが臭い人たちには申し上げません。

もし聞きたければ臭くないうんこをご持参ください。

さて、レーシック手術を受けない理由ですが、それは私の角膜が極端に薄いためです。レーシック手術を受けるためには、角膜の厚さや形状、近眼のレベルなどが重要な指標になります。

厚さと近眼の度数を数値化して、一定水準以下だと受けられません。ぎりぎり受けられそうな場合も、近年はリスクを避けるため、良心的な病院は手術を勧めません。

私の場合ぎりぎりどころの騒ぎではなく、話にならない薄さでした。門前払いも良いところです。

ちなみに角膜の薄さは生まれつきのようです。身長や体重と同じようなものと先生はいってました。

代替案として提示されたのは、眼内レンズでした。私は眼内レンズを入れることにしたのか?

しかしながらあなたたちのようなうんこが臭い人間たちに、私のパーソナルな情報ならびに眼科医療の最先端技術についてここで情報開示する気にはなりません。バラの香りのうんこでも持参しやがれ。

さて、眼内レンズですが、これは昔から白内障手術などで広く普及している技術のため、さほど危険は無いようです。

むしろレーシックが、数年経過後に視力の低下を起こしがちなのに対して、眼内レンズはそのようなリスクはありません。不可逆的という言葉を女医は使ってました。

問題はコストです。

レーシックが2,30万円で行えるのに対して、眼内レンズはなんと!

金額についてあなたたちのようなうんこが臭い人間に開示する気は毛頭ありません。 

ところで、眼内レンズの金額ですが、これがなんと七十万円。

ひと財産と言えるでしょう。私は少し考えました。レーシックがダメなら眼内レンズで行くか。さて結果はいかに!?

その後眼内レンズが目に合うか、適応検査を受けました。医者が私の目の中をぐりぐり掻き回し、点検したあと、一枚の画像を見せてくれました。

濁りがあるから眼内レンズも勧められないと。特段悪い濁りでは無いようですが、眼内レンズを入れることにより白内障を誘発するリスクがあるとのことです。

そのようなわけで、レーシックと眼内レンズの両方の手術について、私のお目目は不適格の烙印を捺されたわけです。

今後ともメガネとコンタクトで生きていきますので、ご声援の程よろしくお願い申し上げます。

うんこが臭い方からの声援は不要です。

よろしくお願い申し上げます。