読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金55万円背負った

家の車が古くなったので買い換えた。最初は中古車を50万円以下で買う方向で調整していた。母と俺で折半。父は出奔したのでいない。俺も母も車に疎いので妹と妹の旦那に中古車を探してもらった。探しているうちにどういう流れでそうなったかわからないが、新古車がいいらしいということになった。ディーラーで試乗車として使われていたほぼ新車。走行距離は3000キロ。俺は金がないので中古車でおねげえしますだと内心思っていたが言わなかった。母は新古車がいいと主張した。4人でディーラーに行って試乗して決めようということになった。試乗したのは俺だけ。母はしなかった。これでいいっしょみたいな鷹揚な構えだった。俺は内心やべえと思った。新古車のお値段は110万円。半分だと55万円。松井秀喜。破産やでと思ったけど言わなかった。なぜなら家族の間では俺は普通のリーマンという設定だから。要するに正社員で、夏や冬にはボーナス出るんでしょう、月給も年齢ぐらいの水準もらってるんでしょうみたいな設定。や、俺、派遣なんだわ。てへへみたいな。25万と55万じゃ全然違う。そりゃ、リーマンなら端た金でしょうよ。でも俺は派遣なんだわ。薄給もいいところ。55万は痛い。せっかく下宿しようと思ってたのに、これじゃあダメだわ。55万は今までにない出費。で、新古車やめて中古車にしようって言えなかった。母が新古車を強硬に推してきたから。で、妹夫婦も、ま、新古車でいいんじゃないってさ。何言ってんのって俺は思った。これだから普通の月給取りはやなんだ。人の痛みがわからない強者なんだな。で、3対1みたいな構図にはならなかった。や、だから、俺は正社員の設定だから、他の人同様、55万でも25万でも大した違いなくね?みたいな雰囲気バリバリだしてやりましたわ。だって俺は正社員の設定だから。そういや、そろそろ夏のボーナスじゃんみたいな空気。だしたよね。家族4人とあとディーラーで、みんな、新古車の雰囲気になってやんの。で、まあ、新古車買ったよね。母が一括で払い、めでたく俺は55万の借金を負った。で、やばかったのは調印式ですよ。4人がソファー席に腰掛けて、隣に母。向かいに妹夫婦。お誕生日席にディーラー。名義が俺なもんだから、書類にサインですわ。これがまた何枚もあるですわ。300枚はあったんじゃねえかな。その中に、住所、氏名、生年月日もいうおきまりの項目のほかに、ご職業という欄があった。心臓止まりそうになったね。というのも、俺はさっきから言ってるように、正社員っていう設定なんすよ。ご職業になんて書けばいいんすかって話さ。派遣先企業の出版社は割とでかいところで、そこの名前を書いたなら、見栄えはいいけど、そんなところに勤めてないでしょと突っ込まれたら即死ですわ。で、派遣会社を書けばいいのならまあ、派遣会社も大手なんでこれまた見栄えはいいですよ。でもこれも同じく、そんなところに勤めてないでしょと突っ込まれたら即死。ってことで前に勤めてた2ヶ月で辞めた会社を書こうとおもった。別に会社に確認の連絡などしないでしょって。って、ここまでの想像を脳内で1秒ほどでしたわけですよ。派遣先か派遣会社か前職かっていうね。で、まあ、聞いたわけですよ。これ、職業欄もっすかね?へへ。みたいな。そしたらやっこさん、そこはいいっすみたいな。それ先に言えしー。みたいな。ワラ。みたいな。命拾いしたわ。ぶっちゃけ、俺実は派遣なんすよーみたいな告白ぶっこいたろうかなみたいなことも一瞬頭によぎったんで、自爆しなくて良かったー。って。しかし何にしても55万の借金ですわ。下宿もままならねえ。でまあ一括は厳しいんで、毎月数万ずつ払うことにした。家に毎月入れてるお金とスクールのローンと車のローン、しめて、いや、言えねえ。洒落にならねえ。借金地獄だ。今日も酒がうめえや。