読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

34歳ジョブホッパーが14個の転職支援サービスを寸評する

転職活動

現況

「第10回転職活動」を開始して数ヵ月経過した。まだ転職先は決まっていない。いくつかの会社の面接を受けた。手ごたえがあったところもあった。まったくダメなところもあった。毎度のことだが、転職活動は疲れる。5月中までに決まればいいかなと思っている。

WEB系に強い求人サイトは使える

今回の転職活動では、主にWEB編集・ライターの求人を探している。

いままでは大手の求人サイトのみ(リクナビネクスト、マイナビ転職)を使っていたが、ここ数年でIT系の求人に強いサイト(green、find jobなど)がたくさん出てきており、それを使わない手はないと思い、いくつかのサイトに登録した。使ってみて、確かにそれらのサイトはWEB系の求人が充実しており、また、いくつかの求人は面接まで進んだので、自分としては「使えるな」という印象を持った。

ジョブホッパーは「転職エージェント」は使わない方がいい

また、今回は転職エージェントサービスもいくつか利用している。使ってみて、こちらは総じてクズだなという印象を持った。

転職活動を始める前に、転職エージェントを使って転職した友人に話を聞いて、「便利かな」と思ったが、実際は違った。彼と私とではキャリアが違った。彼のようにまっとうなキャリアならば、転職エージェントは使えるだろう。なぜなら転職エージェントが抱えるクライアントは、だいたいが一流企業か1.5流ないしは二流企業だから、応募者はそれなりのレベルの人材でないといけない。彼はそれなりの人材で、私はそうではない。34歳で転職回数8回というのは多少突き抜けすぎている。もちろん、書類上は転職回数4回なので、突き抜けているというよりはいくらかマシだけれど、それにしても転職回数が多過ぎる。これでは二流企業はおろか、三流も四流も難しい。となると、転職エージェントが紹介してくれるような企業に応募しても、結果は見えている。

 

以下、現在利用している転職サイト、エージェントなどについての雑感を述べる。

求人サイト

リクナビネクスト

毎回なんとなく使っている。編集・ライターの求人は「紙媒体」ものが多い。WEB系は少ない。いままでは紙媒体の出版社に転職していたのでわりと使えたが、今回の転職活動ではあまり自分の希望に合った求人はない。でも、なんとなく見ちゃう。

リクナビNEXT「この仕事に会えてよかった」を、一人ひとりに。|転職・求人情報

マイナビ転職

こちらも毎回なんとなく使っている。大手だから見ちゃう。しかし、WEB系の求人はリクナビネクストと同じように、あまりいいものがない。「WEB編集者」とかのキーワードで検索してもほとんどひっかからない。WEB系の求人に関して言えば、リクナビ・マイナビともに手薄な感じだ。

転職はマイナビ転職-豊富な求人と転職情報で支援する転職サイト

エンジャパン

毎回なんとなく登録しているが(というが退会していないので、アカウントをそのまま使っている)、まったくもって使えない。わりと大手の求人サイトだと思うけれど、リクナビネクスト、マイナビ転職よりも輪をかけて求人のクオリティが低い。「編集・ライター」以外の求人は充実しているのだろうか。していないだろうな。時々転職仲間にどんな方法で転職活動しているかヒアリングしても、「エンジャパン」と答える人はいない。こちらが「エンジャパン」を使っているというと、「え? あのサイト使えるの?」と驚かれるレベル。

転職サイトなら日本最大級の【エン転職】

転職@type

使えなさすぎて、ウンコ漏れるレベル。検索してもいつも同じ求人しかヒットしない。おとついなんて、求人検索しながらほんとうにウンコ漏らしたわ。

転職@type - マッチする求人情報が分かる、探せる、転職サイト

Find Job!

WEB系の仕事を探すなら、かなり使えるサイト。求人が充実している。上記の老舗サイトよりも、サイトデザインがシンプルでしょぼい印象だけれど、質・量ともに老舗に勝っている。求人検索もまあまあしやすい。「WEBな人の転職」と謳っている通り、WEBな人には最適なサイト。仕事探せダボハゼが!と叱咤激励してくれているようで、おじさん転職活動頑張れちゃう。3つ応募して、2つ面接までいった。私のようなジョブホッパーでこの書類通過率は奇跡的。Find Job!最強説。

求人を探す | Find Job !

green

「ちくしょう。転職だ!」でお馴染みのgreen。WEB系の仕事を探すならば押さえておきたいサイトだ。求人数が多い気がする。ただちょっと気になるのが、検索の精度。WEB編集・ライターで検索しても、ディレクターやデザイナーなどもヒットしてしまう。ほかのサイトも似たようなものだけれど、greenは他のサイトよりも周辺的な求人にヒットする率が高い。求人広告出稿企業のためにそういうことしてるなら止めてもらっていいですか!ふざけないで下さいよ!こっちは寝る間も惜しんで求人探してるんですよ!不要な求人は表示させないでくださいよ!うんこ漏らすわよ!このサイトもかなりの確率で面接まで進めている。使えるサイト。

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)

Poole(プール)

LIGが運営しているWEB業界に特化した求人サイト。使えないこと、下痢便の如し。1社だけ応募したが、なしのつぶて。求人数、質とも低い。これからのサイトなのかもしれないが、このまま消えていくサイトかもしれない。こういった後発系のサイトを利用すると、応募しても、採用/不採用の連絡が来ないことが多い。求人広告を出している企業の採用担当者に非があると見せかけて、実はサイトの使い勝手が悪いのが理由なのではなかろうか。不採用ならばボタン一つでお祈りメールを送信できるぐらいの仕様にはなっていますよね?頼みますよ。こっちだってウンコ漏らしながら採用/不採用の連絡を待っているんですよ。応募した1社からの連絡を待っているんですよ。その間、どれだけのウンコが垂れ流されていると思っているんですか?

Poole(プール) - IT/Webパーソンのための転職サイト

 

CIRNA

サイトのデザインが当世風。それ以上でもそれ以下でもねえ。最新式の設備を備えた超近代的な便器でも公衆便所の便器でもウンコするのに変わりはねえというのが分かっていないサイト。見た目を良くする前に求人の質を上げましょうと、私のようなジョブホッパーがウンコ漏らしながら指摘しています(今、ウンコしてます。AM9:31。本日二回目)。

WEBデザイナー・音楽・編集…クリエイティブの求人-CINRA.JOB

 

DUDA

微妙。

 

転職ならDODA(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト

転職エージェント

リクナビエージェント

くだんの友人が使えるというので登録してみたが、微妙だ。理由は先述のとおり。私のように転職を繰り返しているジョブホッパーは、リクナビエージェントのようなエージェントサービスは向いていない。

このサービスは登録時に電話で面談をする。いままでの職歴やこれからの転職活動について、30分ほど電話で話す。これが面倒くさいし、電話ではあまりこちらの意図を伝えづらいので、サービスとしていかがなものかと。コスト削減的な何かでそのような義挙に出ているのでしょうね。ちなみに、私は駅のトイレでウンコしながら電話会談した。放屁は極力抑えた。

気になる求人の質・量についてだけれど、毎日、担当者から大量のメールが送られてくる。ウンコする暇もない。量はある。ただ、大手が多いので、私のようなジョブホッパーにはミスマッチ。それでもなげやりにどんどん応募していたら1社だけ面接に進めた。結果、落ちた。小指ほどのウンコが寂しげに落水したような虚無感を感じた。

 

転職希望条件入力|転職のリクルートエージェント「つぎの私は、プロとはじめる。」

ワークポート

一番使えないサービスナンバーワンのなかの一番中の一番と断言できるほど一番使えない。ウンコも出ない。毎日ストッパ飲んで下痢便ストップしているウンコサラリーマンの友人Bですら1か月便秘になるレベル。

最初の面談時にアリバイ作りのようにとりあえず求人を紹介してくれる。そしてその場で応募。結果は求職者の個人ページで確認するのだけれど、応募して以来そのサイトがまったく更新されない。落ちたのか受かったのかすら分からない。「で、どうなったんですか?」と問い合わせてもなしのつぶて。私は激昂して、新しい求人に応募しまくったのだけれど、それについても何の進展も見せないので、ワークポートは私の知らないうちに倒産してしまったことにしています。

転職エージェント・ワークポート

 

DUDA転職支援サービス

DUDAのサイトからDUDA転職支援サービスに申し込んだが、1カ月たったいまも先方から連絡がこない。ばーか、ばーか、DUDAのバーカ、ウンコ漏らせ!

 

DODA転職支援サービス |転職支援サービスならDODA(デューダ)

DUDAハンティング登録サービス

DUDAのマイページから、「DUDAハンティング登録サービス」に登録するのはやめよう。

聞いたこともないような人材紹介会社から、それこそ止まらない水下痢便のようにひたすらハンティングメールがくる。これが企業からの直接のハンティングメールならばうれしいのだけれど、来るのは人材紹介会社からというのがポイントだ。ようするにエージェント的な会社。彼らはとりあえず求職者に登録させることだけを目的にしている節があるので、本当に優良な仕事を紹介してくれるかといったらかなり疑問だ。少なくとも私は、リクナビエージェント、ワークポート、DUDA転職支援サービスとはそりが合わないことが判明した。これ以上、さらに聞いたこともないようなエージェント的な会社に登録するなど無意味だ。

DUDA利用者は、ハンティング登録サービスの登録には慎重になった方がいい。楽天と同じぐらいのスパムメールが大量に押し寄せてきて収拾が付かなくなる。

マイナビエージェント

申し込んだものの、私のキャリアでは紹介する求人が見当たらないなど意味不明なコメントをいただきました。

首都圏のIT・営業職求人多数。総合人材紹介サービスのマイナビエージェント

 

パソナキャリア

面談時に5つほど求人票を提示された。とにかく多くの企業に応募すべしというので、すべて応募した。後日すべて書類で落とされた。

パソナキャリアは、他社のサービス(リクルートエージェント、ワークポートなど)と違って、求職者自身で求人検索ができない。エージェントから求人を提示されるのをひたすら待つのみ。しかし、登録時以来、待てど暮らせど追加の求人を提示してもらえていない。お忙しいのでしょうか。おそらく、求職者に登録させるのが目的のあくどい商売なのでしょう。この辺はワークポートに通じるものがある。竹中平蔵許すまじ。

 

求人情報を探す | 転職エージェントのパソナキャリア

使えるサイト5選

WEB系の仕事を探している人にとって使えるサイトは次の5サイト。

求人サイト

◎Find Job!

質量ともに充実

求人を探す | Find Job !

〇green

量が充実

求人検索 | IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)[2ページ]

〇リクナビネクスト

大手だから一応おさえておきたい

リクナビNEXT「この仕事に会えてよかった」を、一人ひとりに。|転職・求人情報

〇マイナビ転職

大手だから一応おさえておきたい

転職はマイナビ転職-豊富な求人と転職情報で支援する転職サイト

エージェント

〇リクナビエージェント

1社面接まで行ったので、エージェントに相手にされない私のようなジョブホッパーが登録するならここかな

※その他業界に転職を希望で、30代で、おまけにジョブホッパーならば「リクナビネクスト」「マイナビ転職」「リクルートエージェント」は使っておきたい。

 

転職希望条件入力|転職のリクルートエージェント「つぎの私は、プロとはじめる。」

 

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?