【編集・ライター】転職を10回経験した僕が最終的に使えると判断した転職サイト

転職を繰り返してきた。20代で8回、30代で2回。新卒で入った会社は4日で辞めた。それからは、中小企業を渡り歩いてきた。おおむね「編集者」や「ライター」として勤めてきた。

いくつかの優良企業に巡り合えた。何度も転職を繰り返したが、毎回なんだかんだで転職先が見つかった。それは、適切な転職サイトやエージェントサービスを利用しているからだ。ここでは僕が今までに利用してきた転職サービスを紹介する。

編集者はWEB系に強い求人サイトも使うべき

編集者は紙媒体に拘泥すべきではない。WEB編集やWEBライターの求人にも応募すべきだろう。間口を広く取って、選択肢を広げるべきだ。

20代までは大手の求人サイトのみ(リクナビネクスト、マイナビ転職)を使っていた。しかし、ここ数年でIT系の求人に強いサイト(green、find jobなど)がたくさん出てきており、それを活用することで、多くの求人にアプローチして内定を得た。

WEB系の編集者は人材不足だ。紙媒体の編集経験者は重宝される。たとえ転職回数が多くても、実績を買われる。だから、年齢が30代なかばを超えていても面接までたどり着く。もちろん、面接まで行けばあと一押しで内定も獲得できる。

転職回数が多い人は転職エージェントの利用に注意すべき

いままで、転職エージェントサービスもいくつか利用した。使ってみて、転職回数が多いジョブホッパーは、転職エージェントサービスに多くを期待しないほうがいいということだ。

もちろん、使えるサービスや親身になってくれる営業担当者はいる。求人数やタイミングの問題もある。僕が使えるなと思ったサービスは数社だ。相性もあるので、転職回数が多い人はエージェントは補助的に使うべきだろう。あまりサービス利用に深追いしてはいけない。

以下、いままでの10回の転職活動で利用してきた転職サイト、エージェントを紹介する。10回も転職活動をしてきたということは、10回の内定を得たということだ。ほとんどが中小企業で編集職だが、大手や他職種を希望している人にもある程度汎用性はあるだろう。もちろん、ジョブホッパーの皆さんにとっては死ぬほど参考になると自負している。

おすすめの転職サイトとは?

①リクナビネクスト

毎回お世話になっている登録必須のサイトだ。さまざまな企業規模、業種、職種の求人がそろっている。最大手の転職サイトだ。

編集・ライターの求人は「紙媒体」のものもWEB媒体のものも豊富だ。近年はコンテンツ制作を行う企業が増えてきているため、編集者が重宝されている。

リクナビネクストは、転職希望者ならば必ず押さえておきたいサービスだ。

おすすめ度:★★★★★

リクナビNEXT「この仕事に会えてよかった」を、一人ひとりに。|転職・求人情報

②マイナビ転職

こちらも登録必須。リクナビネクストと双璧をなす大手サイトだ。求人の質・量ともに申し分ない。

印象としては、編集やコンテンツ制作については、リクナビネクストよりも充実しているように思う。事実、僕はいままでリクナビネクストよりもマイナビ転職で見つけた企業に、より多くお世話になっている。

おすすめ度:★★★★★

転職はマイナビ転職-豊富な求人と転職情報で支援する転職サイト

③エンジャパン

リクナビネクスト、マイナビ転職の後塵を拝している。しかし準大手ということもあり、登録しておく価値はある。ごくたまにヒットするような良案件に巡り合えることもある。

僕はかつて1社だけエンジャパンを使って転職したことがある。食品系の中堅企業だったが、競合が少なく、財務状況も好調で給料や待遇がべらぼうに良かった。

おすすめ度:★★★★

転職サイトなら日本最大級の【エン転職】

④転職@type

正直に言ってあまり使えるサイトでない。印象的には、ある程度しっかりとしたキャリアを積んできた人が利用するサイトだ。

おすすめ度:★★

転職@type - マッチする求人情報が分かる、探せる、転職サイト

⑤Find Job!

WEB系の仕事を探すなら、かなり使えるサイト。もちろん、コンテンツ制作など編集職やライター職の求人も豊富だ。

老舗サイトよりも、サイトデザインがシンプルだ。ただし質・量ともに老舗に勝るとも劣らない部分もある。十分老舗サイトに伍している。「WEBな人の転職」と謳っている通り、WEBな人には最適なサイト。僕のようなジョブホッパーで、WEB未経験だったときにも多くの企業で書類審査に通過した。

おすすめ度:★★★★★

求人を探す | Find Job !

⑥green

「ちくしょう。転職だ!」でお馴染みのgreen。WEB系の仕事を探すならば押さえておきたいサイトだ。求人数が多い。このサイトもかなりの確率で面接まで進めた。使えるサイトといえる。

おすすめ度:★★★★★

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)

⑦Poole(プール)

LIGが運営しているWEB業界に特化した求人サイト。正直使えなかった。応募した企業からまったく連絡がこないということが何回もあった。求人数、質ともに低い印象だ。

おすすめ度:★

Poole(プール) - IT/Webパーソンのための転職サイト

⑧CIRNA

サイトのデザインが当世風だが、求人の質が伴っていない。

おすすめ度:★

WEBデザイナー・音楽・編集…クリエイティブの求人-CINRA.JOB

唯一使える転職エージェントとは

①リクルートエージェント

転職を繰り返している人は、リクルートエージェントだけ利用すればいいと思う。ただし、人によっては登録段階ではじかれたり、案件の紹介がほとんどなかったりする。

おそらく、ある程度のキャリアを積んだ人が利用するのが、転職エージェントなのだ。ジョブホッパーは、どちらかといえば転職サイトを使うべきだろう。

僕は何件か良さそうな求人を紹介してもらった。しかし結果はあまり芳しくなかった。面接まで行った会社もいくつかある。いずれもレベルの高い求人で、自分の実力ではうまくやって行けるか心配になったほどだ。

上昇志向の人には適しているサービスだ。 

おすすめ度:★★★★★

転職希望条件入力|転職のリクルートエージェント「つぎの私は、プロとはじめる。」

②ワークポート

案件数は豊富だが、内定までこじつけるのがもっとも難しいと感じた。かつて1回だけ内定をもらったが、別の企業からも同時期に内定をもらったので、ワークポートの方は断った。数を打てるという意味では、登録しておいてもいいかもしれない。

おすすめ度:★★★★

転職エージェント・ワークポート

③DUDA転職支援サービス

DUDAのサイトからDUDA転職支援サービスに申し込んだが、なかなか返信が来なかった。あまり丁寧とは言えないと感じた。

おすすめ度:★★ 

DODA転職支援サービス |転職支援サービスならDODA(デューダ)

④マイナビエージェント

求人数は豊富だが、内定を得るのは難しいと感じた。ある程度のキャリアが必要なのかもしれない。

おすすめ度:★★★

首都圏のIT・営業職求人多数。総合人材紹介サービスのマイナビエージェント

⑤パソナキャリア

営業担当者との面談時に5つほど求人票を提示された。とにかく多くの企業に応募すべしというので、すべて応募した。後日すべて書類で落とされた。

パソナキャリアは、他社のサービス(リクルートエージェント、ワークポートなど)と違って、求職者自身で求人検索ができない。エージェントから求人を提示されるのをひたすら待つのみ。

時期によって求人数に波があった。タイミング次第といったところか。

おすすめ度:★★★ 

求人情報を探す | 転職エージェントのパソナキャリア

結論:結局のところ使えるサイト5選

転職を繰り返してきた僕が最終的に「使える」と感じたサイトは次の5つだ。

Find Job!

質量ともに充実。WEB系の案件に強い。

求人を探す | Find Job !

green

量が充実。WEB系の案件に強い。

求人検索 | IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)[2ページ]

リクナビネクスト

紙媒体・WEB媒体ともに強い。

リクナビNEXT「この仕事に会えてよかった」を、一人ひとりに。|転職・求人情報

マイナビ転職

紙媒体・WEB媒体ともに強い。

転職はマイナビ転職-豊富な求人と転職情報で支援する転職サイト

リクルートエージェント

何社か面接まで行ったので、エージェントサービスを利用するならばここ一択。転職を繰り返している人にも適している。 

転職希望条件入力|転職のリクルートエージェント「つぎの私は、プロとはじめる。」

 

ジョブホッパーの皆さんはこちらもお読みください

renox.hatenadiary.jp

renox.hatenadiary.jp

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?