読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛無山(3月20日_2座目)

f:id:renox:20160321132756j:plain

 

雑感

軽アイゼンを使うために、静岡の毛無山(1945メートル)に行った。

ネットで前週の山行記録を確認したら山頂付近にかなり積雪があるような感じだった。しかし、昨日行ってみたら予想外に雪が少なく、アイゼンは不要だった。山頂付近と9合目あたりにわずかに残雪が見られる程度。

山頂はガス。目の前に富士山がみえるはずだったが、何も見えず。昼食時は寒く、インナー、シャツ、ソフトシェル、ダウンを着込んだ。

毛無山の登りはかなりの急登だった。登りだしの標高がだいたい800メートルなので、山頂までの標高差は1100メートル。1000メートルの標高差はかなりキツイ。いままで登った山の中でも、5本の指に入る急登ぶりだった。へばった。

服装

この時期の登山で「ソフトシェル」を着たまま登れるか試した。着用したのはマムートのULTIMATE HOODY MEN。登り始めてすぐに暑くなったが、ベンチレーションを使用したら、すぐにムレが解消された。はじめてベンチレーションを使った。暑さに対して、こんなにも効果があるとは驚いた。

冬の低山では、いつもインナーシャツと速乾性シャツを着用し、休憩時にダウンを着るという服装だったけれど、今回の山行でソフトシェルでぜんぜん問題ないことがわかった。撥水性もあるので、雨にも対応できる。5月ぐらいまではソフトシェルを使い倒そう。

カーナビ・駐車場

設定は、「朝霞グリーンパーク」。

朝霞グリーンパーク入口からキャンプ場の「ふもとっぱら」までの間に5台位停められる無料駐車場あり。登山口に有料(500円)の駐車場有。20台位か。

ルート(総歩行時間:4時間半)

  1. 無料駐車場⇒登山口(有料駐車場) 歩行時間:10分
  2. ⇒山頂 歩行時間:2時間半
  3. ⇒地蔵峠 歩行時間:30分
  4. ⇒登山口(有料駐車場) 歩行時間:1時間半
  5. ⇒無料駐車場 歩行時間:10分
  6. 天母の湯 車で20分
  7. 富士宮やきそば「うるおいてい」 車で20分

 

昼食・行動食

昼ご飯は、コンビニのおにぎり2つ、カップラーメン。物足りなかった。昼食の内容は今後検討が必要。

行動食は、キットカットと柿ピー。ジップロックに移し替えなかったことを後悔した。今後気を付けたい。

風呂

「天母の湯」。720円。まあまあ。

富士山の麓で薬湯と森林浴でゆったりのんびりできる天母の湯

夕飯

岳友イチオシの、富士宮焼きそばの名店「うるおいてい」に行った。5時半ぐらいに行った。ちょうどピークを超えたあたりの時間帯で、すんなり入店できた。メニューは焼きそばのみしか注文できなかった。「うるおい焼きそば」890円。プラス150円で大盛にしてもらった。今年の年始に富士宮に来た折に、市街中心部で初めて富士宮焼きそばを食べた。その時に食べたパック入りの焼きそばが不味く、なぜこんなものがB級グルメの筆頭に挙げられているのか不思議に思った。しかし「うるおいてい」の焼きそばはそれとは全然違った。麺にコシがあり、もちもちしていた。隠れた名店らしく、B級グルメとして人気が出るのも納得の味だった。店主の気立てもよかった。

www.uruoi-tei.com

 

費用 5,610円

  • 高速代3,000円(割り勘1,500円)
  • ガス代3,000円(割り勘1,500円)
  • 昼ご飯400円
  • 日帰り温泉720円
  • 夕食1040円
  • 車中で飲んだコーヒーと茶菓300円
  • 車中で飲んだジュース150円