読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日、藪医者で

  • 今日は地元の消化器内科を受診した
  • 胸が痛い。あついものを飲むと沁みる。息切れがする。
  • と訴えた。
  • 食道炎が疑われた。僕は食道がんの可能性について聞きたかったが、
  • 大げさと思われるのが恥ずかしいので聞かなかった。
  • レントゲン、心電図、血液検査を受けた。
  • レントゲンにすごく手間取っていた。ナースが。
  • ナースが5人ぐらいいたが、皆やり方を分かっていないようだった。
  • 心電図は50歳ぐらいのナースにやってもらった。
  • 何度やってもうまく測れないようで。
  • クリームを塗られ、洗濯バサミみたいなのを10か所ぐらい挟まれ、ビーとなんかの数値を読み取って、プリントアウトというのを8回ぐらいやられた。
  • ナースは独り言が多く、「右ってこっちだよね」「左・・・・右?」「あれ?これでいいのかな…」
  • などと本来心の声であるべきものをこえに出していた。
  • 9回目ぐらいでちゃんと測れたようだが、ほんとうに大丈夫かしら。
  • 次は採血だった。
  • まさかさっきのナースじゃないよなと内心ビクついていたが、
  • 果たして、さっきのナースが採血も担当するようだった。
  • 僕は青ざめた。
  • 先方に、注射で貧血を起こした経験はないかと問われ、
  • 「ある」と答えた。
  • 横に寝かされ、採血された。
  • 失敗、ということはなく、普通に注射された。
  • しばらくそのままの体勢で休んだ。
  • レントゲン、心電図の結果は問題なし。
  • 帰りがけ、お金を払う時に採決の結果がいつ出るか、
  • 次回はいつ来れるかなど全く聞かれなかった。
  • 無意味な採血だったのか。
  • 一応、来週また行こうかしら。藪に。