最後の出社の前夜

ほんの数日前に初出勤について書いたはずなのに、おかしいなあ。おかしいなあ。おかしいなあ。おかしいなあ。おかしいなあ。時空が歪んでるのかしら。記憶が混濁してるのかしら。でも光陰矢の如しというし、もしかしたら自分が2ヶ月と認識してるのは間違っていて、もうあの初出勤から20年の歳月が流れてるのかもしれない。もしかしたら友人知人などにあったらみんなもう50歳を過ぎた名実ともにおっさんに成ってもしかしたら子供や孫などのいる人もあるいはあるかもしれない。そうだきっとそうだ。あれから20年たったんだ。俺が2ヶ月で会社を辞めるはずがないではないか。いやだなあ。もう。俺も50歳か。そろそろ人間ドックでも行こうかしらという年代かしらそうかしらそうじゃない。俺は33歳、もうすぐ無職。いやー。まいった、まいった。今夜も酒がうめえや。