読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恥ずかしいなあ

社内ニート
午前は取材だった。といって、置物のように鎮座していただけ。
このひと月だいたい同じクライアントと頻繁に取材に同席していた。
最後別れ際社長が、僕は明日までとクライアントに告げたら、そこにいたクライアント、カメラマンなど、わりかし、どひゃーみたいになった。
というのも僕は大いなる新人なので、まだまだニューフェイスの売り出し中なわけで、仕事界のiPhone6Sみたいなものだ。売り出してすぐに店頭から回収みたいな。なんのために売ったっちゅうとんねんみたいなね。店に来てた人も驚くでしかし。少しくいたたまれなくて、てへてへしてごまかしたけど、常識人たちの集まる場で、明日までとか公表されると針のむしろというんですかね、僕の自尊心はメタメタだ。
まあ、これは罰として感受する次第。
皆さま、まことに申し訳ございませんでしたと本気の平謝りをした33歳の秋でした。メンゴメンゴ。