紫煙

朝から雨。

社長が煙草を吸うときは、社長室のドアを閉める約束になっているのに、閉めない時がある。

というか、最近はほぼ100%閉めない。いったいどんな料簡してるのだ。信じられない。

社長が自分の所のドアを閉めないので、僕が自席の前の窓を開けて排煙している。

排煙しているというか、社長に気づかせるため、冷気が入ってきていやなのにもかかわらず窓を開けている。ほんと寒い。

煙を吐き出した瞬間、窓を開ける。しかし社長はドアを閉めない。ライターで煙草に火をつけた瞬間、窓を開ける。しかし社長はドアを閉めない。たまに厭味ったらしく僕はげほげほ咳をする。しかし、社長はドアを閉めない。

社長は、いつまでもドアを開けたままぷかぷかしている。いったいどんな料簡しているのだ。

もう退職待ったなしだ。