読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキーだ!

朝から降雪でうんざりだ。寒い。

土日はすこし遠出だ。岳友らに誘われてスキーに行く。寒そうだ。
問題がある。俺はスキーをやらないのだ。だから、みんながスキー場でスキーをしたりボードをしたりしている時、俺はたぶんレストランだか休憩所で読書をしている。一ミリたりとも滑らない。
なぜと言って、スキーが怖いから。道具に身を委ねるということが怖くてならない。スキー、スノーボードハンググライダー、スキューバダイビングなど。機会が故障したら死ぬ。それを想像するとパニックに陥りそうになる。スキューバダイビングは、過去に二度経験がある。海中で幾度か、焦った。呼吸の仕方をミスったらどうしようと想像し、焦った。もしボンベが壊れたらと想像し、焦った。潮に流されてインストラクターと離れたらと想像し、焦った。
同じように車の運転も怖かった。だからずっとペーパーだった。ある時会社の上司に、いいから運転しろよ、辞めさせんぞと恫喝されて以来、少しずつ運転できるようになった。それ以来、山に行く時など乗るようになり、いまは普通に運転しているが、高速道路などで時々、小さな恐怖に襲われる時がある。基本的には怖い。
ならばスキーに行かなければいいのだが、行きがかり上行かねばならない。
二日間なにをしよう。読書のほかに。スキー場を散策するか。近場に温泉施設でもあればいいのだが。
暇だろうな。とりあえず、スキー場で食べるカレーは美味いと聞いたことがあるので、ぜひ食したい。