夏休み明け

遅い夏休みをとった。1週間ぶりに会社に行った。朝起きたとき小錦選手並みに体が重く、床から出るのに大変難儀した。そのまま会社を休み、退職しようかと思ったほどだ。

久しぶりの満員電車はベリーハードで、途中下車してドトールに入ろうとした。そのままドトールに就職しようかと思ったほどだ。でも実際は下車もせずドトールに就職もせずの人生だ。

今日は忙しく働いた。明日も仕事だ。久しぶりの休日出勤だ。来週以降、月曜日に面接、金曜日に旅行と、休みを立て続けにとる。多忙でないのに休出するのは、社長に対するパフォーマンスだ。不毛だがこれが勤め人というものだ。

f:id:renox:20140914101553j:plain

f:id:renox:20140915150707j:plain