午前半休、昇給など

今日は午前中休んだ。

有給で半休。

朝いつも通り起床して、警察署に届けられていたフットサルシューズを受取りに行った。

いぜん、スポセンに忘れたやつ。

その後、近所のジョナサンでフルーツヨーグルトセットを食べた。

ドリンクバー付で390円。

持参したノートパソコンで久しぶりに「マイナビ転職」「リクナビネクスト」で求人を探した。

「マイナビ転職」のほうで1社、検討リストにいれた。「リクナビネクスト」のほうは収穫なし。

検討リストにいれた求人はたぶん数日塩漬けにする。そして忘れたころに、募集期間切れのその求人をゴミ箱に移すことになるだろう。

でも今日は本当に集中して求人を閲覧できたなぁ。清々しい気分だ。有給取ってファミレスでPC開いて、ネットサーフィンってのもいいもんだ。

昼前に帰宅してパスタを食べた。そして早めに家を出て図書館で本を借りてそのまま会社へ。

もう定時を過ぎているけれど、午後からの出社の身なので、一番に退社するのは気が引ける。誰か帰れや。

といって社内には、社長と社員Aしかいないのだが。社員A、早く帰れや。

昨日給料日だった。2万円昇給してた。でもまだまだ薄給だ。信じられないほど薄給だ。なんで僕みたいな大人物が薄給なのだろう。不思議な世の中になったものだ。

こりゃ、自分が大人物じゃない可能性も視野に入れて後半生を生きなきゃならないかもな。

大久保が代表に入ってよかった。

ちょっと気まぐれに、「Wワーク」「軽作業」「短期」でネッツして、胡散臭い派遣会社の説明会の予約をとった。

なぜそんなことをしたのか分からない。学生時代の倉庫バイトやエアー出勤時代の倉庫バイトを、いま、32歳・正社員のおっさんであるところの僕がやったら、どんな感じかなあって気になった。

酔狂な試みだ。わけがわからない。やるなら週末だな。日曜日に肉体労働はきついから土曜日だな。でも土曜日は山に行ったり、フットサルしたいな。忙しいのに、なんで倉庫で働かなきゃならないんだよ。めんどくせえ。貧乏暇なしやで、正味の話。

先週社長に「編集後記書いて。内容は何でもいい。ほんとうに何でもいい。200字で」と言われて書いた。そしたら最初に頭のツーセンテンス書き直しくらって、知らぬ間に僕が一番力をいれて書いた文言を消されてて、おまけに、データ入稿後の白焼きでまた修正入れてきてってどんだけ僕のあとがき気にいらないんだよっていうかなんでもいいってゆうたやんけ。結句、元の文章のうち5%ぐらいしか残らずほぼ社長の文章っていう。次頼まれても「うんこうんこうんこうんこ」しか書かねえ。いや、もう金輪際、書かねえ。

 

そろそろ帰りたいが、社員Aがぜんぜん帰らねえ。なんなんだよ。ま、1時間もサービス残業したし、もう、いいでしょう。じゃ。