読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/5御岳山~大岳山を「エアー登山」。その後、鎌倉アルプス登頂

登山

初の単独行へ。行き先は奥多摩の御岳山、大岳山。

あさ5時に起床。5時半に家を出て、7時前に青梅線河辺駅(かべえき)近くのパーキングに到着。青梅線に乗って御嶽駅に向かおうとしたが、人身事故で8時まで運行見合わせ。

急遽予定を変更し、パーキングに戻り、車で御嶽駅へ向かう。御嶽駅前のパーキングの満車を嫌って、河辺駅周辺にパークすることを選択したのだが、仕方ない。御嶽駅前で停められなかったらそのときはそのときだ。

8時前に御嶽駅前の有料パーキングに着いた。一台も車が停まっていなかった。が、「本日営業終了」という看板が出ていて、停めていいのかダメなのかわからない状態だった。勝手に停めて、管理者から30万円ぐらい請求されたらかなわないのでパークするのを諦めた。

周辺にパーキングがないものか探そうとしたが、面倒くさくなって来た道を戻って、青梅駅へ。青梅駅から電車に乗って御嶽駅に向かう算段だった。

駅近くのパーキングに停めようとしたが、どこも「1日最大○○円」という表示がなかったので、ここに停めたら1日で300万円ぐらいとられるのではないかという疑念がわき、ぼったくりや世間や人様や種々雑多が恐くなり、完全に面倒くさくなって、来た道を最初まで戻った。要するに家に帰った。

登山にきたはずなのに、山に登らずに、家に帰るというのはとても無意味な行為だ。快晴の空が憎らしかった。

途中でコンビニで排便した。要するに5時に起きて3時間運転して奥多摩に行ってうんこして2時間運転して帰ってきたわけだ。

10時半に帰宅して、伊藤と若林を誘って鎌倉アルプスに行った。

北鎌倉で待ち合わせ「建長寺」を経由し、「大平山(159m)」に登った。想像していたよりもしっかりした登山道で、少し疲れた。

瑞泉寺」を通り、鎌倉駅に向かった。八幡宮まえの桜は散りかけだった。

小町通の「Cafe GOATEE」というところで茶をしばいた。夏みかんをもらった。

横浜方面に移動し、ピザを食べて、帰宅した。若林がタイに旅行に行くといっていた。ぼくも便乗したい。

それにしても、奥多摩経由で鎌倉アルプスを登頂したのは、歴史上ぼくだけだろう。

みなもっとぼくのような先進的な登山を実践して欲しい。守りに入ったら終わりだ。山に行って山に登ってどうするんだ? そんな馬鹿正直なスタイルをいつまで続けるつもりなんだ。ウェストンが近代登山を始めてから何年経っていると思ってるんだ。みんなには「超現代登山とは何か」についてもっと真剣に考えて欲しい。

後進の登山家には、「エアー登山」のススメを説きたい。奥多摩に行って奥多摩の山に登っているようでは九流登山家だ。奥多摩に行って、うんこだけして帰ってくるのが一流のエアー登山家だ。登らずにクソだけして帰る、皆さんも実践してみてはどうですか? ブリッ。

f:id:renox:20140405144147j:plain