朝最強説の嘘

4時起きは止めました。朝を礼賛するのは止めました。
当初の狙いでは、夜遅くまで(午後11時ぐらい)起きていても疲労と眠気で何もする気が起きないから、夜は21時ぐらいに寝て朝4時に起きることで、早朝の時間を有効に使おうというものだった。
これが間違いだった。
以前までは23時ぐらいに寝て7時に起きる生活だった。
20時ぐらいから23時ぐらいが自由時間。眠気と闘って読書をしたり、漫然とネットをしていた。これを改善するために、21時に寝て4時に起きる生活に改めた。すると不思議なことが起きた。
起きている間中、ずっと眠くなった。
4時に起きて8時に家を出るまで、ひたすら睡魔と闘った。
通勤電車では以前よりも頭がぼーっとし、仕事中も眠気との闘いだった。
昼食後は激烈な睡魔に襲われた。
帰宅してもすぐに眠気がやって来て、20時ごろには頭がふわふわしてきて、21時過ぎには寝た。
寝てるとき以外、常に眠かった。これは何か違うのではなかろうか。早起きは百害あって一利もなしということがわかった。
夜礼賛主義者を痛罵したが、間違いだった。早起きしても仕方ない。
最近は6時半から7時ぐらいの間に起床している。眠くない。朝も、日中も、夜家に帰ってからも、眠くない。気分は最高だ。
朝礼賛主義者どもを、ひっぱたきたい。