今日のランニングについて

8時前帰宅でランニング

帰りの電車に乗った。
8時前には自宅に着くはずだ。僕は、帰宅時間が8時過ぎになる時はランニングしないことにしている。
これは自分の中で絶対に破ってはいけない禁則事項にしている。
なぜと言って、8時過ぎに帰宅した場合、走ってシャワーを浴びたらもう9時だからだ。それから夕飯をたべるとなると、太ってしまう。9時以降の食事は不健康とテレビが言っていた。
生来痩せ型だが三十路を過ぎたあたりから脂肪のつき方が変わってきたので、そういう鉄の掟はくれぐれも遵守したい。偉大なテレビが僕を健康体にしてくれる。
たとえママンの拵えてくれた健康的な食事でも、9時以降の夕飯は厳禁だ。
 

8時だからなんだと言うのだ

今日は8時前には帰宅できそうだ。要するに、寒い中、ランニングするパターンだ。
本当にそうだろうか?
 
定刻前に帰宅したら無条件にランニングするというのは、あまりに短絡的だ。それはあまり批評的じゃない。なぜと言って、じゃあ8時1分に帰宅した場合どうするのか、走らないのか。それはあまりに杓子定規だ。柔軟性のカケラもない。
あるいは8時を過ぎてもいつもより早くランニングを切り上げれば、9時前に食事を摂ることは十分に可能なはずだ。そもそも食事してから走ればなんにも問題はないはずだ。
ならばそもそも8時基準をやめるべきだ。どうしてそんなに8時に拘泥しているのだ。
それは時間の奴隷だ、規則に支配されている、常識に囚われている、凡庸な人間だ。可能性を狭めているし、それではいつまでも限界突破できない。
 

何にも拘泥しない

このまま電車が止まらず順調にいけば、8時前に帰宅し、ランニングすることになる。
今までの僕ならね。
僕はもう今までのルールは捨てた。だから、この後8時前に帰宅しても、走る必要はない。むしろ走ったら負けだ。走らないことこそが、僕を高める。次の新たなステージに運んでくれる。自分の中の常識を一つ壊した。
ここにおいて、僕が今日走らないことがいかに正当な行為かが立証されたのである。
 

 

実践・体幹ランニング DVD付き 確実に速くなる!

実践・体幹ランニング DVD付き 確実に速くなる!