今日の出来事

午後から都内の大型書店に営業に行った。
ベテランの営業マンに同行させてもらった。
いつも社内で仕事をしているので、たまに外に出ると気分転換になって良い。
営業は面白かった。新刊を紹介し、既刊本でもし提案できそうなものがあればそれも紹介した。
書店員はだいたい親切に対応してくれた。とはいうものの、ベテランの営業マン曰く、「書店員は変なのが多い」
とのことだ。
確かに、男子は特に陰鬱そうな人が多かった。女子はかわいらしいお嬢さんか、博学そうなおばさんが多かった。
若い男子で闊達そうな人はいなかった。私は暗い感じの人が好きだ。電気屋の変なテンションの店員よりよほど人間味がある。
ジュンク堂の店員が、ブックオフの店員みたいな妙なテンションだったら嫌だ。
仕事とはいえ、書店に行くのは楽しい。いろいろな新刊本があって、散財したくなった。金がないからできないけど。
書店営業代行会社を設立しようと思った。たぶん、しないけど。なぜなら、あんま書店営業の仕方がわかんないから。
これから勉強しようと思ったけど、たぶん今後はあんまり外回りはしない。相変わらず社内で雑用をする毎日だ。それはそれでいいんだけど、疲れないから。まあでも仕事に慣れたことだし、ここらでまた転職するかな。良くわからないけど。