弁当を作って秩序を守る

新年が明けて4日目だ。
まだ4日しかたっていないとも言えるが、もうすでに4日も無駄に過ごしたとも言える。
今年は数えで30歳ということでそろそろ本気を出さなければならない。
具体的にはとくに何も考えていないが、やはり身近なことからコツコツとやっていきたい。それが結果的に自分の秩序を守ることにつながるということを学んだからだ。
佐々木俊尚さんのツイッターにリンクが貼られていたなんとかさんのエントリwww.さとなお.com(さなメモ): 自分の中の秩序が再生産される過程を見ていて、やはり日々の生活をしっかりしていかなければいけないなと思った。
そのためには、まず、毎日部屋の掃除をする、運動(筋トレ、ジョギング、フットサル、自室でボールをこねるなど)をする、弁当を作るということを最低限実行したい。
素人は、掃除や弁当作りを重要視せず、それが秩序とはなにも関係ないと考えがちだ。グダグダ過ごそうと思えばというか思わなくてもまあ日常はグダグダ過ぎていくし、あまり縛りや抑圧のない環境に身を置いていると、自分の身近なもの以外ひたすら無関心で、欲望や思念だけがダダ漏れ状態になって、結果、友人知人に迷惑がられシカトされ、絶縁され、フットサルや会合に呼ばれなくなってしまい、自室にひきこもるということになる。それでは全く成長しない。掃除であり、運動であり、料理など身近なことを実行して秩序を守ること。これが重要なので最低1カ月は実行したい。ただし、来月になればまた違うルールを適用するぐらいの柔軟性を俺は持っている、ということは念のため書き加えておく。