大晦日かぁ

クリスマスから年末年始にかけて、人々は、浮かれはしゃぎ、暴れたり嬌声を上げたり、上半身裸になったり、パンツを脱いだり、格安メガネ店「zoff」に行ったり、抱き合ったり、決闘したり、フットサルで足裏を使ったトラップをしたり、飲酒運転したり、車に乗ったり降りたり、山に登ったり、コーヒー飲んだりモンハンしたり、facebookに登録したり、ツイッターで見境なくリプライしたり、mixiで新たな交流を持とうと試みたりして、その挙句、誰からも相手にされなくなり、空しくなり、一時的にツイッターやSNSサイトの使用を止めて、周囲の人が心配し始めただろうなあと思ったころに再開しても世界は何にも変ってなくて一人葡萄酒をラッパ飲みする毎日を送ることになる哀しい人が続出していると聞く。

私はというと、だいたい毎年年末年始は部屋に閉じこもっている。しかしこんなことでいいのだろうかと思わないでもない。もう少し若者らしく、表に出て酒池肉林的な生活を送ってもいいのではないかと思わないでもない。無為な日々を過ごすのはやめようではないかと、思った。
取りあえず、先日テレビで見逃したアーティストの動画をネットで視るために「少女時代 Mステ」でググった。そしてお目当ての動画を探し出した。また、ツイッターでお気に入り登録したまま読んでいなかった種々の記事も閲覧した。色々な情報をインプットして賢くなったように思う。
また積極的に外出しもした。この2日間(29日、30日)で、2つの忘年会(そのうちの1つは半月前にも忘年会をしたメンバー=ただの飲み会)に行ったし、府中までフットサルをしにもいった(レベルが高すぎてついていけなかった)。
しかしあまり充足感がなかったので何か別のことでこの物足りなさを埋めようと思案したが何も思い浮かばなかったものの、無理をして熟考した挙句、私がしたことといえば本棚の整理とクイックルワイパーをかけたことぐらいだったが、シートに付いた体毛、繊維等の収穫を見て、意外にも小さな満足感を覚えているらしい自分に苦笑するなどして来る年を迎えようとしている。