11/28河口湖マラソン

河口湖マラソンにエントリーして、登録料金も支払ったが、出場したくない。
今月の28日(日)に開催される河口湖マラソンに出場したくない。
俺ほど河口湖マラソンに出場したくないやつはいないだろう。
冬に遠方の地で行われるマラソン大会に7000円も払っておいて今更出たくないとはなんてやつだ。前泊必須だから宿泊費も必要だ。合計2万かあ3 万はかかる。走りたくないのにそんなに金を出してられるか。とにかく出場したくない。河口湖に行きたくない。フルマラソン走りたくない。前日入りしたくない。うるさいタイプミスなど知ったことか。
電車バス車、どんな交通手段だろうが行きたくないものは行きたくない。
遠い、寒い、疲れる。いやだいやだ。
最近週末に5キロぐらいはしっている。たまに筋力トレーニングもしている。
でも、河口湖マラソンに出たくない。それとこれとは別だ。走りたくないんもんは走りたくない。
走りたくない。28日にフットサルに誘われたからそっちに行きたい。マラソン走りたくない。フットサルをしたい。
当初は4人で参加するはずだったが、諸般の事情で2人での参加となった。
そうなった時点でもはや走る気が失せた。
走りたくない。出たくない。
すでに宿はどこも満杯だ。とれやしない。バスも満席だ。車はペーパードライバーだから乗りたくない。電車も乗りたくない。行きたくない。走りたくない。
でも大会1週間前に宿が取れたら行ってやる。一人で行ってやる。走ってやる。前泊してやる。一人で宿に泊まってやる。晩飯も一人で食べる。前夜の緊張感も俺一人で味わう。当日の朝の腹痛だってだれにも相談しない。半そでを着るか長袖を着るかだって俺が独断で決める。宿を出る時間もそうだ。持っていくアメの数だってそうだ。スタートの位置取りだって俺のすきな通りにさせてもらう。無言でスタートラインに立ってやる。誰とも口を利かないし目も合わさない。途中へばっても歩き続けてやる。沿道の応援に励まされてやる。感謝してやる。ありがとう。ゴールだって当然一人だ。誰にも感想を言わない。終始無言だ。荷物置き場で着替えるのも一人だ。ストレッチングだってそうだ。帰りの電車では駅弁を食べてやる。あったかいお茶も飲む。ミカンもほしいところだ。全部一人でやってやる。記録証は誰にも見せてやらないつもりだ。