リーガ開幕

レアルマドリー対デポルディボ」
3−2でマドリーの勝ち。
マドリーはトップにベンゼマ、その下にラウル、カカー、C・ロナウド
ダブルボランチにアロンソ、ラサナ・ディアラ。
バックはアルベロア、ガライ、アルビオル、マルセロ。
キーパーにカシージャス
ディアラのゼッケンが10番だった。びっくり。不似合い。アロンソが22番、ベンゼマが11番。
攻撃陣の個人技が高過ぎておもろい。ジコチューで自爆しまくりもおもろい。コンビネーションなど皆無。ロナウドドリブルしまくり、取られまくり、チャンス作れない。センタリング下手過ぎ。サイドバックと息合わなさすぎ。右にいるときはアルベロア、左にいるときはマルセロ。合わなさすぎ。セルヒオラモスが復帰して右サイドバックになったらどうなるか。
クラックの方々がみんな、ボールをもったら、全盛期の(本物の)ロナウドみたいに全員抜きにかかるプレースタイルで爆笑。クリロナは勿論、カカー、ベンゼマも速くてうまくて、コンビネーションが破綻しているからパスなど眼中になし。機能しなさすぎで爽快。後半出てきたイグアインも爆走プレイを披露して自滅。マジカタルシス。お前らパスを覚えろ。いや覚えるな、おもろ。カシージャスがひげを伸ばしてました。ラウルは終わった選手かと思っていたけど、2年ぐらい前に復活して昨シーズンも結構点を取って今朝の開幕戦も点を取ってまわりのあんぽんたんのクラックさんたちより8倍ぐらい知的だった。偉大だ。デポルのバレロンがキャプテンマークを付けてスタメンで登場。感涙。点も取った。34歳。ひげもぼーぼー。かっこいい。けがをしないで頑張ってください。レアルはグラネロに期待。グラネロもひげぼーぼー。今日のゲームはひげ族の比率が高かった。カシージャスアロンソ、グラネロ、バレロンイグアイン(?)。なんかいいね。今夜はバルサ戦、エスパニョール戦を観る。録画で。イブラヒモビッチってどうなんだろう。あんまり信用できないな。