Jリーグ「フロンターレ対マリノス」2−1

バックスタンド2階席のチケットが2000円で手に入ったので観に行った
バックスタンドとはいえ、タッチラインらへんだったため、逆サイドのゴール付近でのプレーは良く見えなかった
だから決勝点となったジュニーニョのゴールもほとんど見えなかった
だけど1点目の我那覇のゴールは良く見えた
ドーピング冤罪事件で不運に見舞われている我那覇に対してマリノスサポーターを含めすべての人が温かい目で見ていたように思う
試合前のスターティングメンバー発表時、我那覇に対してはマリノスサポーターからも拍手が送られていた
ゴール後バックスタンドのほうに走りよって両の親指で背番号を指して喜んでいた我那覇に感動した
山瀬のゴールは逆サイドのゴールで決まったものだったけどボールの軌跡はよく見えた
川島っていうのはほんとうにいいGKなのかね

今節以降できるだけスタジアムでJリーグを観戦しようと思っている
そのためマリノスサポーターのフリをしようと思う
応援するチームがなくてはスタジアムへの足も遠のくというものだ
ただ昨日のゲームの前半はひどかった
フロンターレは松田、中沢、河合にボールを持たせてそこから大島にフィードされたボールをカットするという戦術だったように思う
だから山瀬、兵頭、清水にはきつくプレスに行っていたけど、上記3人にはノープレッシャー
特に河合から前線に送られるパスが多かったように思う
分かり安いタイミングで分かり安いコースにへたくそなくさびのパスが入り、結果大島のところでボールを失っていた
昔のマリノスはロングボールばっかだった記憶があるけど、それすらもせず、司令塔河合がゲームを壊していた
これじゃマリノスサポーターになれねぇよ
やっぱフロンターレサポーターになろうかと思った
後半

前半全く活躍できなかったロニーに代えて坂田登場
坂田はやい
後半は坂田へのロングボールだけ
それが奏功
坂田はやい、フロンターレの守備陣付いてこれず
裏に飛び足した坂田へのロングボールから何回かチャンスを作っていた
けど点とれず
最後にジュニーニョにとられて、終わり
けど後半のようなロングパスサッカーのほうがよい
けどこれは後半だからできたことか
桑原監督は布石を打ってたのか?
前半はわざと死んだ不利をして、ロニーを捨て駒にして
後半坂田へのロングパスで点を取る策だったのか
「(決定力については)今年はカウンターを狙うチームではないので、ポゼッションしながらバイタルのところでフィニッシュにつなげていくことをやっている。
やはりゴール前では、思い切りの良さや勇気とかリスクを負うこと(が必要)。今日は『リスク負っていこうや』という話しをしたんですが、やはり相手の嫌がることをもっと突いていかなければいけない。ですからポゼッションにだけでなく、もう少しフィニッシュまでスピードアップしていかなくてはいけないかないかなと思っています。こればかりは私も長い間サッカーをやっていますが、こればかりは非常に難しいことです」試合後の桑原監督のコメント

前半の司令塔河合サッカーと後半のカウンター坂田サッカーを融合できればよいとうことか
わからない
サッカーわからない
良く観れない
サッカー観るの難しい
専門かも良く観てない
いってることみんな違う
「蹴球計画http://www.shukyu-keikaku.net/」の人たちと粕谷、杉山とか奥寺とかみんな行ってること違う
蹴球計画の人たちが言ってるようなデータにそったサッカーの見方ができればいんだけど
一方ではしなくてもいいきがする
シロウトは「うめー」とか「あいつよくはしる」ぐらいの感想でよい
よくしりもしない戦術を語りだすと薄ら寒くなる
ただ戦術も語れるようになりたいような気もする
ただサッカーライターもその戦術がわかってない人が多いという意見が大勢
サッカーを観るのは難しい
ライターも未成熟だから
雑誌、インターネットなどから得られる情報も??が多い
だから「うめー」とか「プレスすげー」ぐらいしかいえない
けどそれでいいようにおもう
けど戦術も知りたい
サッカーをうまく観れない

とりあえず似非コアマリノスサポーターになって、スタジアムで観る ということを繰り返すしかない