撤退2

【前回までのあらすじ】
自堕落な生活を送っていた私はこれではいけないと危機感を抱き、心機一転転職活動に本腰を入れようと決心した。


発売されたばかりのビーイング最新号をコンビニで購入して、家でページを繰っていたらものの5分で読み終わってしまった。読み終わってビーイングを放り投げようとしたが、流石にそれではいけないと感じ、もう一度最初から精読したが結局今度は4分半で見終わり、そのままそのビーイングを放り出して2チャンネルでも閲覧しようかと思ったが、それは止した。そういうことをやっているから転職活動に身が入らないのだ。そのような怠惰な生活を改めようと誓ったばかりの私は、今度はインターネットで求人検索を始めた。「リクナビNEXT」「エンジャパン」などで求人を探そうとした。しかしそれもすぐに頓挫した。というのも最近私は、インターネットで求人を検索しようとすると、途端に体がだるくなってしまうという症状に襲われているからだ。正式な病名は分からないが、おそらくかなりの奇病だと思われ、なるべくはやく医者かカウンセラーにかからなくてはと思っている。このような症状がでたらなるべく転職活動のことについては考えないほうがよい、リラックスして別のサイトを閲覧したり、TVを視聴したり、読書をしたり、飲酒をしたり、昼寝をしたりするのがよい。体を壊しては元も子もない。健康な体こそが労働者の資本だ。いつか就職をしたときのことを考え、今は無理をしないほうがよい。

少しずつだが就職に近づいていると私自身は確信している。しかしここにきて、転職活動とは別の問題が生じ、私は今そのことについて思い悩んでいる。

私は今、財政難に直面している。