読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

撤退1

職を辞して早1ヶ月が経とうとしているが、未だに私は無職で昼間から焼酎のお湯割りを飲んだり、プレイステーションで遊んだり、カフェで書見をするなど自堕落かつ文化的な生活を送っている。この1ヶ月、私が行った求職活動は、①㈱インテリジェンスに登録、②ハローワークの求人検索PCをいじった(失業手当受給申請のついでに)、③ビーイングを速読した、の3つであり、どちらかといえば消極的な活動だったといえるかもしれない。
上記①〜③の中で最も有効的な転職ツールは①インテリジェンスだと思っていた。同社は人材紹介サービス業界でも最王手なので、豊富な求人・転職情報を持っている。また長年培ってきた転職支援のノウハウを駆使し、求職者の転職活動を親身になってサポートしてくれると聞いていた。

登録初日に同社のオフィスで行われた面談時には、担当者の懇切丁寧な対応、行き届いたサービスを受けることができた。同社のオフィスが入っている丸ビルを出る時には、これならばすぐにでも転職ができそうだ、と大きな希望を抱いていた。

その日紹介された求人は約30社で、そのうち自分の希望にあった10社を担当者に伝え、書類選考に進めてくれるようお願いした。書類選考の結果は来週お知らせします、と担当者はいっていたが、もうその「来週」は過ぎ去り、「再来週」になってしまった。この間全くのなしの礫だったわけではない。10社中1社に関しては、書類選考で不採用という内容のメールをもらった。
他の9社に関しては全く進捗状況が分からない。もしかしたら人事担当者が忙しく、選考に手間取っているのかもしれない。

ただ、最初にインテリジェンスに行った日のあのモチベーションはもう雲散霧消した。最も期待していたインテリジェンスに裏切られた気持ちだ。勿論10社中9社はまだ選考段階なので別に不採用になったわけではないけれど、「来週」っていったら「来週」にメールで知らせてほしかった。こっちはドキドキして待っていたのだから。昼間から焼酎飲んで待っていたのだから。他にはほとんど転職活動していないのだから。
そんなわけで、現在はほとんど転職活動をしていない。告白すると、退職してから一度も面接を受けていない。なんとなく、インテリジェンスが何とかしてくれるだろうと淡い期待を持っていた。しかしそのインテリジェンスにもなかば裏切られた形なので今は別の転職ツールを探している。ハローワークの求人にはいい思い出がないので、今後はもうちょっと真剣にビーイングを読もうと思う。またエンジャパンなども活用したい。
さらに生活態度も改めたい。昼間からアルコールを摂取するのは控える。プレーステーションなどに興じるのも止めたい。
明日からは心を入れ替えて、一日でも早く転職できるように死に物狂いで頑張ろうと思う。